製品

PRODUCT

先端テクノロジーで革新的な学びを
製品一覧

レゴ® WeDo2.0製品

レゴ ブロックを組み立て動かすことで、子どもたちが楽しく簡単にプログラミングと
ものづくりができる、小学生向けのサイエンス&プログラミング教材です。

レゴ® WeDo2.0の画像
製品一覧はこちら

WeDo2.0基本セット

WeDo2.0基本セットは、モデルの組み立てに必要なレゴ® ブロックとモーター、センサーなどの組み立てセットと、
授業準備のための入門プロジェクから発展プロジェクトが収載された専用ソフトウェアで構成されています。

組み立てセット

  • 専用ケース

    長時間補完可能な
    プラスチックケース

  • コンプリート表

    教室での管理に最適な
    片付けやすいデザイン

  • レゴブロックパーツ数280Pcs

    子どもたちの興味を引く
    カラフルなブロック。
    年齢に適した組み立てレベル

  • スマートハブ

    作成したプログラムを
    Bluetoothでスマートハブに通信。
    モーター制御とセンサー計測を行う
    WeDo2.0の心臓部。

  • パワーモーターM

    10段階の速さで動かすことが
    できるモーター。

  • モーションセンサー

    15cm以内にある物体を
    感知するセンサー

  • チルトセンサー

    傾きや揺れを
    感知することができます。

レゴパーツのご紹介

WeDo2.0ソフトウェア

ソフトウェアは、レゴ® WeDo2.0基本セットに含まれています。
直観的でわかりやすい各種ツールを装備し、プログラミングは「ドラッグ&ドロップ」なので、小学生でも楽しく簡単にプログラミングを体験することができます。

入門~発展の3つのプロジェクト

①入門プロジェクト
1 入門プロジェクトの画像

入門プロジェクトは、WeDo2.0の基本的な機構を学ぶ4部構成のコンテンツです。プロジェクトの流れに添ってスムーズに学習が進められるように企画されています。プロジェクトの所要時間は約3時間、各ステージを約45分間ずつで取り組む目安で作られていますが、もちろん自由に調整することができます。

②基礎プロジェクト
2 基礎プロジェクトの画像

    基礎プロジェクトは、子どもたちの学習への自信を高め、学習目標を達成するための基礎を築くことが狙いです。すべての基礎プロジェクトは、「調べる」「組み立てる」「発表する」の順に進行し、子どもたちの理解がステップごとに確実に深まるようデザインされています。8本のプロジェクト課題は小学生に身近な理科がテーマとなっています。

③発展プロジェクト
3 発展プロジェクトの画像

発展プロジェクトの活用の鍵は「オリジナリティ」です。8本のプロジェクトがあり、基礎プロジェクト同様 「調べる」「組み立てる」「発表する」という3つのステージで進行しますが、ステップごとの解説が意図的に省かれています。子どもたちが想像力を発揮し、独自のアイデアをつくりだせるカリキュラムとなっています。

デザインライブラリ

組み立てのヒントやモデルの完成写真、サンプルプログラム等を収録。
課題解決のサポートツールとして活用できます。

教師用ガイド

プロジェクトと学習指導要領との関連性などを掲載。
授業の準備が簡単に整います。

WeDo2.0ソフトウェアの動作環境

MAC/Windows

ハードウェア
  • 1.5 GHz IntelR Core Duoプロセッサー又はより高速なもの
  • 1.5GB RAM以上
  • 2GB以上のハードディスク空き容量
  • Bluetooth 4.0以降
  • Bluetooth Low Energyをサポート ※ Bluetooth4.0およびBluetooth Low Energyをサポートしているか、以下からご確認ください。
    Windowsの場合はこちらMACの場合はこちら
OS
  • Windows7 SP1
    ※Windows7でご利用の場合は、別途「BLED112 Bluetooth Smart Dongle」が必要です。
  • Windows8.1、Windows10
    ※Windows10のバージョンは v10.0.10586.420以降が必要です。
    ※Windows 7から10へOSをアップデートされた場合、WeDo 2.0スマートハブとのBluetooth接続には、別途「BLED112 Bluetooth Smart Dongle」が必要です。
  • MAC OSX 10.10

iPad

ハードウェア
OS
  • iOS 8.1以降

Androidタブレット

ハードウェア
  • Bluetooth Low Energyをサポート
  • カメラ(前面および背面)搭載
  • 8インチ以上のディスプレイ
OS
  • Android 4.4.2以上
Androidタブレットをご利用の場合はご注意ください
  • Androidタブレットの中には、上記の要件を満たしていても、WeDo2.0でご利用いただけないものがございます。
    動作検証済みのタブレットは下表のとおりです。動作未検証のタブレットについては、動作保証をいたしかねますので、
    ご了承くださいますようお願いいたします。
  • 動作未検証のタブレットについては、動作検証が済み次第、順次下表に追加いたします。
動作検証済みデバイス(2016/12現在)
  • Acer Iconia One 10(B3-A20 A5008) 5.1  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • Asus Memopad 8(K01H) 4.4.2  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • ECS Classroom PC(TF10EA2) 5.1  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • HTC Nexus 9(OP8220) 6  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • Lenovo Tab 2(A8-50F) 5.1  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • Lenovo Yoga Tab 3(YT-X50L) 5.1  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • Samsung Galaxy Tab A(SM-T550) 5.0.2  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • Samsung Galaxy Tab E(SM-T560) 4.4.4  4.0(Bluetoothのバージョン)
  • Samsung Galaxy Note 10.1(SM-P600) 4.4.2  4.0(Bluetoothのバージョン)
詳しくはこちら

WeDo 2.0がScratchで動かせるようになります!

Scratch(スクラッチ)は、子ども向けプログラミング言語としてMITメディアラボが
開発し無償で展開されていることから世界中の多くの子どもにより利用されています。

Mac OS 対応済
Windows OS 対応予定

開発者からのメッセージ

  • レゴ® WeDo 2.0 マーケティング責任者 Hanne Hylleberg Ravnの画像

    WeDo2.0のブロックを使ってモデルを作り、ソフトウェアでプログラミングをして、問題の新しい解決策を考えてみましょう!失敗を恐れず試してみることが何より肝心です。皆さんのアイデアが世界を変えることになるかもしれません!

    レゴ® WeDo 2.0 マーケティング責任者 Hanne Hylleberg Ravn

  • レゴ® WeDo 2.0 コンセプトデベロッパーYannick Dupontの画像

    ブロックで何かを組み立てたり、新しいプログラムをつくったりする度に、皆さんの様々な可能性が開かれていきます。ぜひたくさん触ってくださいね!

    レゴ® WeDo 2.0 コンセプトデベロッパーYannick Dupont

WeDo2.0 製品一覧

関連コンテンツ

RELATED CONTENT

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309
カスタマーセンター電話受付  9:30?17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

正規代理店

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2016 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.
c LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.

c 2016 The LEGO Group.

レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。