テクノロジー

img_technologyTop01

製品をもっと詳しく知りたい方へ
技術研究所

Scratchで動かすには(MAC OSX 環境設定手順)

MAC OSXでScratchを利用してWeDo2.0のプログラミングをするための環境設定手順を紹介します。
なお、以下の手順はこちらの情報を元に
・Scratch2.0 オンラインエディタ
・MAC OSX 10.11 El Capitan
・WeDo2.0
を利用して動作を確認したものです。
(その他、WeDo2.0のMAC OSXでの動作要件についてはこちらをご確認ください。)

1.ScratchにWeDo2.0用のブロックを追加する。

以下のURLから、Scratch2.0のオンラインエディタを開きます。
https://scratch.mit.edu/


22082_01

↓ページ上部の「作る」をクリック


22082_02

スクリプトの「その他」を選び、「拡張機能を追加」をクリックします。


22082_03

「LEGO WeDo 2.0」を選び、「OK」をクリックします。


22082_04

WeDo2.0用のブロックが追加されました。


22082_05

 

2.Scratch Device Managerをインストールする。

ScratchからWeDo2.0のスマートハブに接続するためのScratch Device Managerをインストールします。

App Storeを開き「scratch device」を検索し、Scratch Device Managerをインストールします。


22082_06

 

3.WeDo2.0のスマートハブをBluetoothで接続する。

アプリケーションからScratch Device Managerを開きます。

メニューバーに「S」アイコンが表示され、WeDo2.0のスマートハブと接続するためのメニューが表示されます。
※下図のようなメニューが表示されない場合は、メニューバーの「S」アイコンをクリックしてください。


22082_07

 

スマートハブの電源を入れ、Scratch Device Managerの「Connect」をクリックし、スマートハブと接続します。
※複数のスマートハブから選択して接続することはできません。接続の際は、接続したいスマートハブだけ電源を入れてください。


22082_08

 


22082_09
接続が完了すると、スマートハブのLEDが青色に点灯し、Scratch Device Managerの表示が右図のようになります。

 

これで、MAC OSXでScratchを利用してWeDo2.0のプログラミングをするための環境設定は完了です。

(2016/07/21現在)


お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。