2020年9月4日

  • SPIKE™ プライム
  • ソフトウェア

SPIKEアプリ-【拡張】ディスプレイブロック一覧

ディスプレイブロックは、文字や画像をSPIKEアプリ上に表示します。

指定した文字を、指定した時間の間、ディスプレイに表示する。
(他の文字や画像を表示するまで、指定した文字が表示され続けます。)
指定した文字をディスプレイに表示する。
指定した画像を、指定した時間の間、ディスプレイに表示する。
(他の文字や画像を表示するまで、指定した画像が表示され続けます。)
指定した画像をディスプレイに表示する。
現在表示されている画像の、次の画像を表示する。
(何も画像が表示されていない場合は、最初の画像を表示します。)
(表示順は、「画像を追加」から開いた「背景」画面での並び順です。)
ディスプレイを、全画面または別画面で表示する。
ディスプレイを非表示にする。

ディスプレイブロックは、ストリーミングモードで動作します。(ストリーミングモードについてはこちらをご覧ください。)

ディスプレイは、アイコン表示←→別画面表示←→全画面表示と、切り替えることができます。

ディスプレイに表示する画像は、「画像を○に○秒間設定」または「画像を○に設定」ブロックで、「画像を追加」から追加します。
追加したい画像にチェックを入れて「完了」を選択します。

※2020/09/01現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/09/01現在)