2017年2月20日

  • EV3技術情報
  • LabVIEW
  • ソフトウェア

LabVIEWでEV3 デイジーチェーンプログラム③-センサーを使ったプログラム

LabVIEWでデイジーチェーン接続されたEV3のセンサーを使ったプログラムを作成する方法を紹介します。 (回路図エディタの設定がまだの場合は、先にこちらから設定します。) (モーターを使ったプログラムは、こちらをご覧ください。

なおここで紹介する内容は、「NI LabVIEW for LEGO MINDSTRMS 2014」を使用して動作確認したものです。

1)新規VIからプログラムを作成します。

24701_06

2)各センサーポートは下図のように、デイジーチェーン接続された1番目のEV3のポート1から順に、「0」から振られた番号で認識されます。

24701_07

そのため、センサーは数値定数で指定します。

24701_08 ※上図のように「0」を指定した場合、デイジーチェーン接続1番目のポート1を指しています。

3)例えば下図のようなプログラムを作ることができます。 このプログラムは、デイジーチェーン接続された1番目のEV3のポート3のカラーセンサーでLモーター_1を、2番目のEV3のポート1のカラーセンサーでLモーター_2を制御します。

24701_09