2015年9月17日

  • EV3ソフトウェア
  • EV3技術情報
  • ソフトウェア

グラフプログラミング

概要

教育版EV3ソフトウェアでは、データロギングの結果のグラフから、センサーの値によって音を鳴らしたりモーターを動かしたりすることができます。

例1)モーターの回転角度が90°を超えたら、音を鳴らす 
例2)温度センサーが30°を超えたらエアコンの様にファンを回す

これを「グラフプログラミング」と呼び、教育版EV3ソフトウェアに新しく追加された機能です。
玩具版EV3ソフトウェアには付属していません。

How to

- 教育版EV3ソフトウェアを使ったグラフプログラミングの方法

  1. インテリジェントブロックEV3を、USBケーブルで、パソコンに接続します。
  2. 教育版EV3ソフトウェアの、「File」→「New Project」→「Experiment」をクリックして実験を開きます。 graph_01_menu
  3. データロギングをする時間と間隔を設定し、利用したいセンサーを確認します。 graph_02_osillo
  4. グラフプログラミングを選択します。
  5. 「☆」「□」「○」それぞれをチェックすることにより、しきい値を設定します。
  6. しきい値で区切られたエリアの中(「☆」「□」「○」のエリアの中)で、したいことをプログラミングします。 (例では、「☆」エリアで、音を鳴らしています。) graph_03_prot
  7. プログラムをダウンロードして実行します。
  8. センサーの値がしきい値の範囲内になるとプログラム通りに動きます。

(アフレルオリジナル)