2016年5月30日

  • EV3 ジャイロセンサー
  • EV3技術情報
  • ハードウェア

ジャイロセンサーを初期化する

ジャイロセンサーを使用する場合は、ジャイロセンサーが正常に初期化されていることが重要になります。
ジャイロセンサーが正常に初期化されていない場合、ジャイロセンサーを静止状態にしても、センサーの値が増え続ける(または減り続ける)状態になります。

ジャイロセンサーは、以下の2つの方法で初期化することができます。
・インテリジェントブロック EV3の電源を入れなおす。
・ジャイロセンサーのケーブルを差しなおす。

なお、ジャイロセンサーを初期化する際は、ジャイロセンサーを完全に静止した状態にする必要があります。上記の方法で初期化する際に、ジャイロセンサーに振動が与えられると、正しく初期化されません。

また、ジャイロセンサーの初期化を行う場合は、PortViewでセンサーの値を確認しながら、初期化後しばらく値が「0」で静止している事を確認してください。
(静止状態でしばらく値を見て、少しずつ値が変化するようであれば、正常に初期化できていません。)

21059_01

[インテリジェントブロックEV3のPortViewで確認]

21059_02

[教育版EV3ソフトウェアのPortViewで確認]

 

21059_03

[ご注意ください!]
EV3ソフトウェアのプログラミングブロックによるジャイロセンサーのリセットは、センサーの値を「0」にしますが、ジャイロセンサーを初期化することはできません。
ジャイロセンサーが正常に初期化されていない場合、プログラミングブロックで値をリセットして「0」にしても、正しい値を読みとることができません。(静止状態で値が変化する状態になります。)