2015年9月25日

  • EV3 ジャイロセンサー
  • EV3技術情報
  • ハードウェア

EV3ジャイロセンサーの使用例

EV3ジャイロセンサーの使用例(オンブロックプログラミング)

オンブロックプログラミング機能

オンブロックプログラミング機能を使って、「入力ポート2に接続したジャイロセンサーを使って、45度を検出するまで待機する」というプログラムです。

接続

プログラム終了 プログラムを実行後、ジャイロセンサーを時計方向に45度回転させると、待機の処理が完了して、プログラムが終了します。  

 

EV3ジャイロセンサーの使用例(教育版EV3ソフトウェア)

EV3ジャイロセンサーの使用例(教育版EV3ソフトウェア)

教育版EV3ソフトウェアを使って、「入力ポート2に接続したジャイロセンサーから角度を検出する」というプログラムです。
使用するブロックは、「ループ」「ジャイロセンサー」「表示」の3つです。
ジャイロセンサーのモードは「測定-角度」に設定します。

角度

プログラムを実行すると、インテリジェントブロックEV3の画面にジャイロセンサーの検出した角度が表示されます。単位は「度」です。

ジャイロセンサー

ジャイロセンサーは、プログラムの実行直後が「0度」となります。
ジャイロセンサーを図のように見て、時計方向に回転させると角度は増え、反時計方向に回転させると角度は減ります。