新人・若手エンジニア向け システム開発実践研修

思考を可視化し、人と組織のエンゲージメントを高める レゴ® シリアスプレイ® メソッドと
教材を活用したワークショップ
Workshop using the LEGO® SERIOUS PLAY® method and materials

人と組織の課題を可視化して、課題解決のプロセスを導く

人と組織の課題を可視化して
課題解決のプロセスを導く

リモートワークを導入する企業が増え、私たちの働き方は大きく変化する中、「社員同士のつながりが薄い」「会社への帰属意識が低い」「社員のエンゲージメントが低下した」「社員の能力を引き出す育成ができない」という声も聞かれ、コミュニケーションの課題が増加傾向にあります。
「LEGO® SERIOUS PLAY® (レゴ® シリアスプレイ®)メソッドと教材を活用したワークショップ」は、誰もが楽しく夢中になって取り組み、目に見えにくい価値観や思考を可視化し、解決への道筋を自ら導き出します。組織のエンゲージメント向上にむけたチームビルディングやビジョン形成、社員のキャリア形成などに活用できます。

このような方におススメ
  • チーム内のコミュニケーションや会話を活発にしたい

    チーム内のコミュニケーションや
    会話を活発にしたい

  • 積極的に意見を出し合う組織風土にしたい

    積極的に意見を出し合う
    組織風土にしたい

  • 社員の強みや能力を引き出しキャリア形成に活かしたい

    社員の強みや能力を引き出し
    キャリア形成に活かしたい

レゴ® シリアスプレイ®
メソッドと教材を活用した
ワークショップ

レゴ® シリアスプレイ® メソッドを活用し、キャリア形成やビジョン形成など可視化しにくい課題をテーマにワークショップを行います。

レゴ® シリアスプレイ® とは

内容

レゴ社のロバート・ラスムセン氏がMITメディアラボのシーモア・パパート教授が提唱している「手と頭を連携させながら新しい知識を構築するコンストラクショニズム」という教育理論に基づいて開発された思考を可視化するメソッドです。組織やチーム、個人の見えにくい価値観やビジョンといった概念を可視化するだけでなく、可視化された作品を通してコミュニケーションや課題解決能力の向上、他者理解の深化といった効果が期待できます。
レゴ® シリアスプレイ® は汎用性が高く、組織やチームが抱える様々な課題に柔軟に対応することができ、NASA、Microsoft、Googleをはじめ世界中の企業や教育機関が継続的に導入しています。

ワークショップの特長

  • 自社で解決したい目に見えにくい課題をテーマに様々な場面で活用できます。
    例)所属部門内でのチームビルディングやブレインストーミング、新規事業のビジョン形成やアイディア創出、1 on 1ミーティングでのキャリア形成
  • 全員が主体的に参加し意見を出し合うコミュニケーションを実現し、参加者全員が納得できる結論を導き出します。
  • 手を使って考えるプロセスを通して、無理なく内省思考を促し潜在意識を形にすることで、深い内省と新しい知恵が得られます。
  • 参加者の潜在的な思考、アイディア、経験知を可視化して、参加者と共有することができます。
  • 作品を通じた会話で安心安全なコミュニケーションができるようになります。

ワークショップの流れ

導入効果

社員間のつながりを強化し、エンゲージメントや帰属意識を高める
社員間のつながりを強化し、
エンゲージメントや
帰属意識を高める
固定観念にとらわれないアイディアを創出し、新規事業に役立てる
固定観念にとらわれない
アイディアを創出し、
新規事業に役立てる
社員の潜在能力を引き出し、一人ひとりに合ったキャリア形成につながる
社員の潜在能力を引き出し、
一人ひとりに合った
キャリア形成につながる

お客様の声

上司とのコミュニケーションが大きく変化しました。

上司とのコミュニケーションで特に課題を感じていたわけではないのですが、ワークショップ終了後、上司とはワークショップの内容を踏まえて話をするようになりました。心理的安全性を感じられるようになり、コミュニケーションがしやすくなったので、自分でも気づいていない心理的なストレスがあったことにも気づくことができ、とても驚きました。

一人ひとりの内面を知り、働きやすくなりました。

自分と同年代の人たちは似たような考えを持っているだろうと思っていましたが、一人ひとりが全く違う価値観や考え方を持っていることを知りました。今まで同僚の行動の裏にどういう考えがあるのか深く考えたこともなかったですが、そうしたことまでワークショップを通してお互いに理解を深めることができたので、仕事がしやすくなりました。

同じ釜の飯ってよく言いますが、確かに距離が縮まりました!

入社以来、コロナの影響で皆さんとあまり深い話ができないままで、心理的な距離が縮められないままでいましたが、ワークショップに参加して、一人ひとりの仕事観や何を大切にしているのか?などの価値観に触れることができたので、ワークショップの後は、仕事はもちろん世間話もしやすくなって、すごく仲間意識が強くなりました。

よくあるお問い合わせ

ワークショップは、どのようなテーマで実施できますか?
社員同士や所属部門内でのチームビルディング、社員ひとり一人のキャリアを考えるキャリア形成支援、 新規事業や事業戦略のコンセプトやビジョン形成、など幅広いテーマで実施できます。
ワークショップの参加可能人数や所要時間はどれくらいですか?
ワークショップは1グループ5~6名で行います。所要時間は4時間~です。 ご希望の参加人数や所要時間についてはお気軽にご相談ください。
オンライン開催は可能ですか?
ブロックを使って作品を作りますので、原則としてオンサイト(リアル会場)での実施です。 オンラインをご希望の方はお問い合わせください。

ワークショップ実施までの流れ

  1. ワークショップ
    ご紹介
  2. ワークショップ
    お申し込み
  3. ヒアリング・
    お打ち合わせ
  4. ワークショップ
    設計
  5. ワークショップ
    構成ご確認
  6. ワークショップ
    開催