組み込み技術を競う若手エンジニア向けのロボットコンテスト

大学・高専・専門学校向け ロボットコンテスト出場 Participation in robot contest

組み込み技術を競う若手エンジニア向けのロボットコンテスト

ソフトウェア設計と
実装技術を競い育成する
ETロボコン

ハードウェア(ロボット走行体)は全て同じワンメイク、ソフトウェアの違いだけで競うETロボコン。ソフトウェア設計内容(UMLモデル)の審査と実装技術(ロボット制御、コース戦略)の両方にチャレンジし、学生チームと企業エンジニアが同じ環境で競い合います。
IT/ET分野の技術教育環境が用意されており、入門から応用技術者まで広く参加できます。

このような方にオススメ
  • システム開発をイチから完成まで
    実践し、生きた
    開発スキルを習得したい

  • レベルに応じて、高度な
    内容まで実践できるような
    環境を提供したい

  • 学外の環境を活用した
    学びの場を設定して
    学生の学ぶ意欲を高めたい

教材の紹介

ETロボコン SPIKEキット
  • 型番:ETKITSP

ETロボコン SPIKEキット

ETロボコンに参加するためのセットです。こちらのセットで、 ETロボコンプライマリークラス、アドバンストクラスの走行体組立が可能です。

  • 高度IT/ET技術者育成に
    向けた技術教育の提供
  • モデルベース開発、設計から
    実装、テストまで全て実践
  • プロジェトクトマネジメント
    を学ぶ機会、
    PBLの実践環境

ETロボコン 開催概要

ETロボコン 年間スケジュール
エントリークラス
(初学者向け)
プライマリークラス
(初級、応用技術技術者向け)
アドバンストクラス
(初級、応用技術技術者向け)
オンラインでの競技会
リアル会場での競技会
ロボット(走行体) EV3(シミュレータ) EV3
SPIKE
EV3
SPIKE
備考
  • オンラインでの競技会となり、リアル会場での競技会は実施しません。
  • シミュレータでの実施のため、ロボットがなくても参加可能です。
EV3・SPIKEのどちらでも参加可能ですが、EV3の販売終了に伴い、2023年以降はEV3での出場ができません。

学びの魅力・効果

企業エンジニアとの交流で
実践的なスキルを習得

設計と実装の関係性、品質対応等
システム開発の全てを体験

バックキャスティング思考の
計画的な学び

活用事例

競技課題で体験、チームでのプロジェクト管理と開発


京都府立京都高等技術専門校

モデリングやプログラミングの能力向上だけでなく、コミュニケーションや本番を想定したテストの重要性など、多くの学びを得る機会に。

詳細を見る

サポート・導入までの流れ

サポート・導入までの流れ


導入をご検討されている方へ導入支援、導入後のトレーニングや技術サポート、保守対応など、はじめて教材をご使用になる方にも安心して導入いただけるサポート体制を整えています。