2021年3月15日

  • SPIKE PRIME SOFTWARE

Pythonとブロックプログラミングの比較~カラーセンサーの制御~

SPIKEアプリでは、プログラミング言語「Python」によるプログラミングが可能です。
ここでは、カラーセンサーの、Scratch型のブロックプログラミングとPythonによるプログラミングを比較してご紹介します。
(Pythonによるプログラミングの基本情報はこちらをご覧ください。)

■赤色を見つけたら停止する

赤色を見つけたら停止する

カラーセンサーを使うには初期化が必要です。(3行目)
wait_until_color()関数は、カラーセンサーが指定した色を検知するまで待機します。

■反射光の値が50%未満なら右へ、そうでなければ左へ進む(ライントレース)

反射光の値が50%未満なら右へ、そうでなければ左へ進む(ライントレース)

get_reflected_light()関数は、カラーセンサーの反射光の値を取得します。

■周辺光の強さに応じて移動するスピードを変える

周辺光の強さに応じて移動するスピードを変える

Pythonによるプログラミングでは、カラーセンサーの周辺光の値を取得することができます。
(Scratch型のプログラミングでは、周辺光の値を取得するブロックは用意されていません。)
get_ambient_light()関数は、カラーセンサーの周辺光の値を取得します。

その他の関数については、SPIKEアプリのナレッジベースをご参照ください。

※2021/02/25現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2021/02/25現在)