2017年2月6日

  • EV3技術情報
  • Java
  • ソフトウェア

EV3-Java EV3間のBluetooth接続設定(ペアリング)方法

EV3 Javaプログラミング(leJOS)環境で、インテリジェントブロックEV3間でペアリングするには、EV3のメニューから以下のように設定します。

なお、接続するEV3を見分けるため、インテリジェントブロックEV3の名前を変更しておくことをお勧めします。
(インテリジェントブロックEV3の名前を変更する手順はこちらをご覧ください。

1)インテリジェントブロックEV3のメニューから「Bluetooth」を選択します。 24229_01

2)「Visibility on」と表示されている事を確認します。
「Visibility off」と表示されている場合は、Visibilityメニューへ移動し、決定ボタンを2回押して「Visibility off」に変更します。 24229_02

3)「Search/Pair」メニューを選択します。
24229_03

4)表示された検索結果の中から、接続するEV3を選択します。
24229_04

5)接続確認画面が表示されたら決定ボタンを押します。
※ここで画面中央に表示されているのは、接続先のEV3のアドレスです。
プログラムの中でEV3にBluetooth接続する場合はこのアドレスが必要になります。
24229_05

6)PINコードを入力します。初期設定では「1234」に設定されています。
※数字を変更するには、上または下ボタンを押します。
※右または左ボタンを押すと、カーソルが移動します。
※入力が完了したら決定ボタンを押します。
24229_06

7)画面下部に「Paired!」と表示されたらペアリング成功です。

(2016/08/03現在。leJOS 0.9.1-betaにて確認。)