2020年12月14日

  • Classroom
  • EV3ソフトウェア
  • EV3技術情報
  • ソフトウェア

EV3ソフトウェアーClassroom プログラム比較 ~その他~

ここでは、EV3ソフトウェア(EV3 Lab)とEV3 Classroomのプログラムの違いを、サンプルプログラムを用いて紹介します。 EV3に同じ動きをさせる場合に、それぞれどのようなプログラムになるかを紹介します。

  • EV3ソフトウェアで作成したプログラムをEV3 Classroomで作りたい
  • それぞれのプログラミング環境で、どのブロックが同じ機能を持っているのか(対応)を知りたい

といった場面でご活用ください。
(それぞれの環境の仕様の違いによって、まったく同じ動きにならない場合もあります。)

■例1:前進と後退をくり返しながら、ドレミの音を鳴らし続ける(2つのことを同時にする)

例1

※EV3 Classroomでは、メッセージブロックを使ってマルチタスクにします。

■例2:タイマーの値が5秒以上になったら、ボタンライトの色を変える

例2

※EV3 Classroomで利用できるタイマーは1つのみです。
※EV3 Classroomでは「以上(≧)」を判断するブロックが存在しないため、「未満(<)」の否定を用いています。

■例3:インテリジェントブロックEV3の中央ボタンが押されたら音を鳴らす

例3

※EV3 Classroomには、センサーやボタンをきっかけにプログラムを開始するブロック(イベントブロック)が用意されています。

※2020/12/14現在 最新バージョンのEV3ソフトウェア および EV3 Classroomに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2020/12/14 現在)