2020年10月6日

  • Classroom
  • EV3ソフトウェア
  • EV3技術情報
  • ソフトウェア

教育版EV3ソフトウェアとEV3 Classroomの比較

教育版EV3ソフトウェア と EV3 Classroom の違いを示します。

画面イメージ

■教育版 EV3ソフトウェア

EV3ソフトウェア画面1
EV3ソフトウェア画面2

■EV3 Classroom

EV3 Classroom画面1
EV3 Classroom画面2
対応デバイス教育版EV3ソフトウェアEV3Classroom
Windows
MacOS 10.13(High Sierra以前)×
MacOS 10.14(Mojave)
MacOS 10.15(Catalina以降)×
ChromeBook×
Android×
Fire tablets×
iPad×

iOS13.1以上が必要です。 iPad (5th)/iPad air2/iPad mini4以降のモデルであれば使用可能です。

※2022/3/3現在の情報です

接続方法教育版EV3ソフトウェアEV3Classroom
教育版 レゴ マインドストームとの接続方法
USB※1
Bluetooth
Wi-Fi×

※1・・・chromebook、android、Fire tablets、iPadでのUSB接続不可。windowsとMacOS 10.14以降であれば接続可能。

プログラミング教育版EV3ソフトウェアEV3Classroom
ユーザーインターフェース
直感的にプログラムが作成できるアイコン型スクラッチ型
インテリジェントブロック連携
プログラミングブロックハイライト機能
実行中のプログラミングブロックをハイライトすることができる
×
ポートView機能
各種センサーのステータスをモニタリングできる
その他機能
自動保存機能
プログラムが自動的に保存される
×
サウンドエディタ機能
ロボットで鳴らす音を作成することができる
×
イメージエディタ機能
ロボットで表示する画像を作成することができる
×
データロギング機能
データロギングをすることができる
×
コンテンツエディター機能
プログラム、動画、画像、サウンド、各種データを一スライド化することができる
×
NXTセンサー利用
NXTの各種センサーを利用することができる
△(一部利用可)×
サードバーティ製のセンサー利用
HiTechnic社製のセンサーを利用することができる
×

※EV3ソフトウェアで作成したプログラムをEV3 Classroomに、EV3 Classroomで作成したプログラムをEV3ソフトウェアに取り込む事はできません。