2022年2月3日

  • DOBOT
  • DOBOT TECHNOLOGY

アームが可動域外になったときの治し方

DOBOTは、アームが可動域外に移動するとエラーで停止するようになっています。エラー停止するとDOBOT本体にあるステータスランプが以下の画像のように赤色に点灯します。

アームが可動域外に移動してしまいエラー停止した際は、フォアアームにあるボタンを押しながら可動域内にアームを移動することでステータスランプが緑色に点灯し、正常に動作可能になります。

その他、DOBOTのエラーに関する情報は、以下のURLからご確認ください。

(2022/02/01 現在)