サービス

躍進する若手を育てる
新人・若手エンジニア向け研修

システム開発の全体が見通せ
品質意識を高く持てる人材を育てます

昨今のシステム開発は大規模・複雑化しているため分業化がすすみ、業務プロセス全体が見えづらい状況があります。
また開発者を取り巻く環境が広く複雑になったことで、新人が覚えることも多様化してきてきる一方、新人教育にかけられる時間は限られています。

『システム開発体験コース』は、
ロボットを使ってソフトウェア開発の全工程を体験することで、
ものづくりの楽しさを実感しながら、
開発現場で必要な基礎力を短期間で身につけます。

新人・若手エンジニア向け研修のご紹介

システム開発体験コース(UML-EV3ソフトウェア)

「システム開発体験コース」は主にこれから開発に携わる新人・若手向けの研修です。
開発の全行程を体験することで各工程の役割りや前後工程のつながり、設計とテストの因果関係などが把握でき
品質と生産性の向上に取り組む人材を育成します。
プログラムを視覚化することで、受講者と講師の双方が成果を確認でき、大きな達成感が得られます。

特長

システム開発の全行程を
5日の短期間で体験

言語知識がなくても
プログラミングが可能

ロボットの動きで
成果を見える化

内容

レゴ®マインドストーム®EV3による自律車両型ロボットを使った、自動搬送システムの課題を行います。設計はUMLで行い、EV3ソフトウェア(アイコン型簡易言語)を用いて開発します。

※クリックで拡大します

導入効果

問題解決力の向上

考えた結果をすぐにロボットの動きで
確認しながらトライ&エラーを
繰り返すことができ、
問題解決力向上につながります。

ものづくりの喜びと達成感

自分の考えたロジックで実際に
ロボットが動くのでものづくりの
楽しさを実感でき、仕事への
モチベーションを高めます。

実践力が身につく

メンテナンスしやすい設計や
プログラムを考える必要性など、
実際の仕事で役立つ知識を体験を
通して実感できます。

ソフトウェア以外にも、「C」「Java」の言語でプログラミングを行う研修も可能です。

  • オブジェクト指向開発実践コース(UML-Java)
    • Javaの底上げに
    • 目的を分けて
      V字を2回体験
  • 組込みシステム開発実践コース(UML-C/C++)
    • 総合演習として
    • ulTRON活用などの
      組込み開発

スケジュール例(5日間)

実際の研修スケジュールの一例になります。最短2日から最長5日でお客様に合わせてご提案可能です。

  1. 1日目(初日)
    研修目的の確認 > 要求分析
    • 目的・手段・ツール説明
      • ・受講者全員で研修の目的を確認します。
      • ・成果の見える化を行う手段を説明します。
      • ・使用するツールを説明します。
    • お客様からの要望分析
      お客様からの要求をUML図のユースケース図を用いて明らかにします。

    1日目のポイント

    要求仕様の提示
    顧客の要求(やりたいこと)をシステム化する範囲、機能分析からスタートします。
  2. 2日目
    要求分析 > 設計
    • システム分析
      システムによる実現方式を検討し、必要なハードウェアやソフトウェア、処理方式をまとめます。
    • 外部設計
      システム全体がどのように運営されるのかを顧客の視点からUML図で表します。

    2日目のポイント

    例外処理の提示
    外部設計の際に例外処理を提示することにより、システム開発における例外処理の重要性に気づくようにします。
  3. 3日目
    設計 > プログラミング
    • 内部設計
      サブシステムの構造や、振る舞いをUML図で表します。
    • プログラミング設計
      使用言語による特性も考慮し、詳細な処理の流れを表すUML図を作 成します。

    3日目のポイント

    設計書の作成
    実際に動かすロボットの動きをイメージしながら、設計書を作成します。設計とプログラミングの関係も意識します。
  4. 4日目
    プログラミング > 結合テスト
    • プログラミング
      プログラム設計のUML図を元に、プログラムを作成 します。
    • 単体/結合テスト
      単体テスト用シートを使用し単体テストを実施したのち、結合テストを行います。通信部分には、テスト機を使用し、収集・配達のサブシステム単位でテストを行います。障害票も作成します。

    4日目のポイント

    機能追加の提示
    開発途中で新しい機能を追加することで工程や設計のどの部分に影響するかを体験でき、メンテナンスしやすい設計やプログラミングを考える必要性を理解できます。
  5. 5日目(最終日)
    システムテスト > プレゼンテーション > 開発工程のまとめ
    • システムテスト
      本番用コースにてサブシステムを合わせて単体テストを行います。
    • プレゼンテーション/開発工程のまとめ
      作成したシステムを客観的に評価しプレゼンテーションを行なったのち、振り返りとして開発工程のまとめを行います。

貴社の目的に合った最適なサービスを

躍進する若手を育てる

新人・若手エンジニア向け研修

企業を担うリーダーを育てる

中堅エンジニア向け研修

未来の優秀な人材を育てる

内定者・インターンシップ向け研修

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。