テクノロジー

img_technologyTop01

製品をもっと詳しく知りたい方へ
技術研究所

EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

プログラムの中でたくさんの値を扱う場合、配列を使用すると便利な場面があります。
ここでは教育版EV3ソフトウェアで配列を使用する方法をご紹介します。

■配列の準備

配列を使用するには、まず配列変数を用意する必要があります。
格納する値によって、数値配列・ロジック配列のいずれかを用意します。
ここでは例として数値配列を用意します。

変数ブロックの「読み込み」または「書き込み」モードで「数値配列」を選択し、変数の追加で変数の名前を入力します。

EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

プロジェクトプロパティの変数タブで、追加ボタンから追加する方法もあります。
EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

■配列へ書き込む

配列へ値を書き込むには、配列操作ブロックを使用します。
配列の末尾に値を追加する場合は、「追加」モードを選択します。
インデックスを指定して値を書き込む場合は、「インデックスで書き込み」モードを選択します。

EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

追加モードで書き込む

配列の末尾に値を追加するには、下図のようにします。
準備した配列変数を読み込みモードにし、配列操作ブロックにつないで配列変数の値を読み込ませ、値を追加して、その結果を配列変数に戻します。
下図では、配列変数hairetsuの末尾に値「3」を追加しています。
EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

もし配列変数hairetsuの中身が{1,2}だった場合、上記プログラムによって値は{1,2,3}になります。

インデックスで書き込みモードで書き込む

配列のインデックスを指定して値を追加するには、下図のようにします。
配列変数の中身を読み込み、指定のインデックスに値を書き込み、その結果を配列変数に戻します。
下図では、配列変数hairetsuのインデックス1に、値「3」を書き込んでいます。
EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

もし配列変数hairetsuの中身が{1,2,3}だった場合、上記プログラムによって値は{1,3,3}に書きかえられます。

■配列を読み込む

配列の値を読み込むには、配列操作ブロックの「インデックスで読み込み」モードを使用します。
EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

値を読み込む配列変数を配列操作ブロックにつないで、読み込みたい値のインデックスを指定して読み込みます。
下図では、配列変数hairetsuのインデックス1の値を読み取り、EV3のLCDに表示しています。
EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

配列変数の内容を順に読み込む場合、下図のようにループブロックのループインデックスを使用すると便利です。(※1)
配列に含まれる値の数を知るには、配列操作ブロックの「長さ」モードを使用します。
これを使って、ループのカウントを制御することもできます。(※2)
EV3ソフトウェア 配列ブロックの使用方法

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。