WROコスタリカ国際大会応援ツアー開催レポート

開催レポート

WRO2017 コスタリカ国際大会

ツアーに参加された皆様には、2日間に渡り大会を見学いただきました。

・小・中・高のレギュラー競技

子ども達の真剣な眼差しや全力で取り組む姿、この一瞬に集中する力強さを感じられました。

・オープン競技

各国の課題や事情が反映しているチームが多く、深く考えさせられるとともに、その課題を自分たちの考えで解決しようとするマインドと、発想の豊かさに驚かされました。

・17歳以上のアドバンスド・ロボティクス・チャレンジ

さすがの高度な制御技術は圧巻です。

・フットボール競技

状況が見えやすいため、ハラハラドキドキの試合展開でした。

・特設ブース:LEGOEducationをはじめとするWRO国際大会の各種スポンサー企業ブース

大きなロボットあり、筋電あり、セルフトレーニング研修あり、と技術的にもエンターテイメント的にも多様なブースから情報収集されていました。様々な言語が飛び交い、また時折湧き上がる歓声の中、感動があふれる空間でした。

また、昼食はVIPラウンジにてお召し上がりいただきました。(VIPパスをご用意)

WROコスタリカ国際大会応援ツアー開催レポート

教育事業のヒントに!現地の教育機関を視察

コスタリカの文科省にあたるMEP(Ministerio de Educacion Publica)にご協力いただき学校視察をしました。当日は文科省より3名の方にもご同行いただき、国としての教育の取り組みについてもご教示頂きました。

コスタリカの教育

コスタリカは軍事を保有せずGDP約8%にあたる予算を教育に投資し、識字率は97%に上る中米一で教育に熱心な国として有名である。
・義務教育は4歳から開始し、中・高等教育5年の計12-13年
・教育テーマは「クリエイティブなことができる人をつくる」
・国では生徒向けにオンライン教育システムを作ろうとしており、生徒ごとの学習進度に応じたプログラムの用意を企画中

【学校視察1】中高等工業学校

「Colegio Técnico Profesional 」は、文科省管下の中高等工業学校の1つで、日本で中学校にあたる課程を終えた後に職業に特化した教育を行う機関。コスタリカ内に94校あり、学校によって専門性は異なる。

訪問先校:Colegio Técnico Profesional de Santa Ana

・生徒数(15歳から20歳) 284名在籍
・3コースが専攻可能(ネットワーク*、会計・簿記、サービス)

*「ネットワーク」はコンピュータテクノロジー全般の意味で、プログラム言語、ハードウェア、オペレーションシステム、データベース等総合的に学ぶもの

・英語に力を入れており、アメリカとの交換留学を行っている(成績優秀な15名を派遣し、ホストファミリーと暮らす)

見学授業「ロボティックスエデュケーションクラス」

・見学時の授業は「物理」の学習
・8-11年生(13-16歳)
・授業時間:4時間(途中休憩は挟む)
・使用機材:マインドストームを使用(EV3)
・授業はスペイン語で実施されていたが、来年から英語でも行う予定

  • 明るく元気な学生たち。工業学校は就職までケアしてもらえる人気の進学先だそう。アテンドいただいた学生達の英語は流暢!4か国語の学習にチャレンジする子も!

  • ギアの仕組みをレゴのブロックパーツを使い、手を動かしながら体験から学ばせていた。分かりやすい!

  • 2人1組でペアとなり、組立図を使わず、自由に作る。上級生と下級生がペアになり、お互い教えながら課題に取り組む

【学校視察2】公立小学校

ロボティクスの授業は学習指導要領で定められた必須教科ではないが、学校が選択し事業を実施することができるので、同校では在校生全員に学ぶ機会が提供されています。

訪問先校:OTILIO ULATEB

・生徒数910名在籍
・歓迎式典、ウェルカムボード、軽食などをご用意頂き、大変な歓迎をいただき感激と感謝でした。

見学授業「ロボティクス」

・見学時の授業テーマは「企業で使えるようなロボットをつくる」
・4-5年生(10-11歳) 生徒数16名
 通常の授業は25名だが、ロボティクスは少人数制で実施
・専用部屋、ロボティクスルームにて授業を実施
・授業時間:4時間×2日間(木,月)の内容(計8時間)
・使用機材:マインドストームを使用(NXT、RCX)

  • 授業は教科書を使わずスライドと動画を中心に説明。先生は生徒と対話を続ける。

  • 組立に、CADソフトを立ち上げて、データを見ながら組み立て。2人1組でパソコンとロボットキットを1台使用

  • 壁にスペイン語で「整理整頓」の文字

【参加者の声】参加者がコスタリカの学校視察で気づいた3大ビックリ!

公立学校の授業で教科書利用は禁止

学ぶことに集中するよう、1999年から公立で教科書の活用はNGだそう。その分、文科省はオンライン教材や素材を用意し、先生が選んで活用できるようにしている。
逆に、一部の私立学校では教科書を使用しており、学び方に学校の特色を入れるのは、どの国でも同じ課題の様です。

先生の活動を文科省が全面的にバックアップ!

文科省が教材会社やツールメーカーと直接交渉し、教材の一括購入や各学校への展開を対応。
先生からやりたい授業案を文科省に提出。文科省にて選定し、推進するものは文科省がメーカーと直接交渉し一括購入して学校に配布。また、現場の先生は、文科省から提示される教育コンテンツリストを元に選択して利用することもできる。教材同様に追加研修などの企画もすべて文科省が整備。

生徒のキャリアプラン、インターンシップ仲介も文科省が対応

文科省が企業に必要な人材像をヒアリングし、教育プログラムを作成。例えば、ある企業から「技術のことが分かる+ポルトガル語力」が求められた場合、対応するカリキュラムを企画し学校と連携して人材育成を行うそう。その分、企業からの資金、モノ、指導者などの支援を受けることでwin-winの関係にある。
最近は、某外資系企業から中国語とポルトガル語を学んだ人材の育成要請が増えているよう。

ご宿泊、お食事、日本語サポート

快適なご滞在のため、五つ星ホテルを1名様1室利用でご用意、また全お食事つきで手配させていただきました。アフレル及び阪急交通社スタッフが日本より渡航し、旅をサポートをさせていただきました。

【参加者の声】ツアー参加後のご感想

学校視察でたくさんの得るものがありました。
日本で展開している実際の授業レッスンに反映をさせ、今後のロボットプログラミング教育をさらに発展させていけるように進めていきたいと考えております。

【予告】

次回のWRO国際大会に伴うツアー開催は、2018年11月、タイ、チェンマイへのツアーを企画中です。
詳細は、決定次第、Webでご案内致します。(2018年夏頃を予定)

お問い合わせ先

本イベントについてのお問い合わせは、下記メールにお願いいたします。
contact@afrel.co.jp

リンク

ツアー概要はこちら
https://afrel.co.jp/wro-tours

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30〜17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。