アクティビティ

つくる、動かす、学ぶ体験が未来につながる
各種イベント

CSR 活動事例

プログラミングやロボットに触れ子どもたちに学ぶ機会を提供する、CSRの取り組みをご紹介します。

株式会社アフレル

ロボ・キャンプ

2000年の初開催から18年に渡って継続開催されている親子を対象としたロボット製作とプログラミングの体験会です。
2006年からは福井工業大学と連携し、先生方や学生の皆さんと一緒に体験の場を創り上げています。

  • お話を伺った方

    株式会社アフレル 代表取締役社長 小林靖英 / 事業企画室 マネージャ 柏崎暁子

  • 活動の概要

    現在は小学校4~6年生の親子で参加していただき、一日かけてロボット製作とプログラミングの双方を体験していただくワークショップを実施しています。
    オリジナル作品、あるいはテーマに沿った数々のミッション(コースや課題)をクリアするロボットを、親子で共に考え、工夫を重ねて作り上げていただきます。一日の終わりに、参加者全員が発表会で作品を披露する時間も用意しています。
    当初は一企業で実施していましたが、2006年頃から地域における連携も考えまして、福井工業大学様と協力し、先生方や学生さんのお力添えもいただきながら継続しています。
    これまでの18年で、100回弱、1,300組以上、2,500名を超える地域の皆さんに参加いただいています。

  • 活動の背景

    元々は、地域の皆さんに集まってもらえるような場を作り、地元に貢献できるような催しをやってみようということで始まりました。
    2000年当時はまだまだソフトウェアやプログラミングが一般には知られておらず、生活の中に多く存在するものの、知らない方が大半でした。一方、政府ではIT戦略本部が設置され、翌年にはe-Japan戦略が策定されるなど、日本がITへの取り組み姿勢を明確に打ち出した時期でもありました。
    子どもたちに、プログラムを創る体験を通じて未来の科学者、技術者を目指してもらうこと、そして我々が携わっている仕事を知ってもらうことを意識していました。

  • 子どもたちへの想い

    2000年の初開催から現在まで一貫して「コミュニケーション」を体験の柱に置いています。親子、あるいは会社と地域のコミュニケーションが生まれる場となるよう取り組んでいます。活動を始めた頃は、ITの利用が広がると会話が無くなる(=冷たい)というようなイメージを抱いている方も多かったのですが、そうではなくITは新しいものづくりの環境・道具であり、ITによってさらにコミュニケーションが増え、作る機会となりうることを体験していただきたいです。

    また、ロボ・キャンプへの参加を通じて、世の中の様々なものがソフトウェアで動いていて、それは誰かが作り上げた成果であると実感すること、今まで見えていなかった世界が見えるようになるきっかけづくりができれば嬉しく思います。

  • 参加者の様子

    子どもたちはモノが動くことに対して、とても素直に喜び、感動するようです。
    お母さんやお父さんは、思っている以上に自分が熱が入ってしまったとおっしゃる方が多いです。

    ロボ・キャンプは一日かけて実施することもあり、製作中は親子でけんかになったり怒ったりしている様子も見られます。
    時には思い通りにできなくて泣いてしまうお子さんもいます。しかし、どの参加親子も力を合わせ、発表会まで進む様子を見ていると、共に何かを創ることの力があるのではないかと感じます。
    短時間ではなく、あえて一日取り組んでもらうことで親子の間で様々なコミュニケーションが生まれます。
    発表会では、お母さんやお父さんがお子さんの新たな一面に気付いた、成長を感じたといった感想も聞かれ、親子がコミュニケーションを通じて互いを発見する機会にもなっているようです。

  • 実施する際に気をつけていること

    ●参加者に対して
    親子で一日取り組んで笑顔で帰ってもらうことです。そのために、イベントとしての場づくりや期待を少しでも超えるような発見・驚きがあればと考えています。
    また、安心・安全な場で何度もチャレンジし、失敗できることです。頭の中にあるものをカタチにする過程で、悩み、考え、できるようになった喜びを感じられる、そうした時間を過ごしていただきたいです。

    ●スタッフに対して
    アフレルはロボットを活用した教育サービスやイベント、コンテストの企画・運営など、「体験」を柱とした事業を展開しています。参加された皆さんに楽しんでいただくために何をするのか、若い社員が中心となって動かしていくことで、自らの仕事がどのように位置づけられるのか、体験することはどういったことかを感じとってほしいです。

今後の展望

ロボ・キャンプは2017年で18年目の開催となりました。小学生の頃に参加した皆さんが高専や大学に進学し、ロボットを研究している、あるいはソフトウェア関連企業に就職したといったお話が聞こえてくると、とても嬉しく思います。
我々はソフトウェア産業の将来を見据え、30年後の社会を作り支える人財を育てていくアプローチを続けてきました。
これからも長期に渡って続けていくことで、明るい未来社会にもつながっていくのではと思います。
参加された皆さんが作ることの面白さを感じ、作る人を目指すきっかけになれば何よりの喜びです。
未来をこうしたいと願う気持ちが続ける力になると思っていますので、これからもなるべく多くの方と関わりながら来年、再来年と継続を目指していきます。

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。