WRO Japan WeDo Challenge

レゴ® WeDoを使用した6歳から10歳が参加対象のロボットコンテストWRO Japan 2019 WeDo Challengeの関東大会を9月8日(日)、関西大会を10月6日(日)に開催いたしました。本大会は今年で2年目の開催で、関西では初めての開催となりました。関東大会では35チーム約80名、関西大会では11チーム約30名が競技に参加しました。
本レポートページでは、熱い戦いが繰り広げられた大会当日の様子をお伝えいたします。

■WeDo Challengeとは?

レゴ® WeDo※1を使った6歳から10歳向けのロボットコンテストです。世界60ケ国以上、70,000人以上が参加する自律型ロボットの国際的なコンテスト「WRO(World Robot Olympiad)」で2018年に新設された競技部門です。
選手2~3名とコーチ1名でチームを組み、毎年変更されるコースや指定の課題解決に向けてロボット・プログラムを組み立て、競技に挑みます。

■競技ルール

今年の課題は、「運転手のいないスクールバス」です。
スクールバスは、3人の子どもをそれぞれの家から校庭まで運び、フルーツショップからフルーツを学校まで運びます。最後には充電スタンドをオンにして、駐車します。
【ルールはこちら】

■大会スケジュール

9:45-10:00 参加チーム受付開始
10:00-12:15 (参加者向け)ルール説明、試走・ロボット調整
12:15-12:45 ロボットチェック・昼食
12:45-13:00 開会式
13:00-13:40 競技1回目
13:40-14:10 ロボット調整
14:10-14:25 ロボットチェック
14:25-15:05 競技2回目
15:05-15:35 休憩・荷物の片づけ
15:35-16:00 表彰式・閉会式

関東大会、関西大会のレポートは以下よりご覧ください!

WRO Japan 2019 WeDo Challenge関東大会 開催レポート

2019/9/8(日) 「WRO Japan 2019 WeDo Challenge 関東大会」をパシフィコ横浜の「ロボフェス2019」内にて開催いたしました!

「ロボフェス」とは東京工芸大学主催のロボットのお祭りで、小さなお子様から大人まで観る・応援する・作る・体験することができる様々なコンテンツの他、複数のロボットコンテストが同時に開催されました。2日間にわたり開催されたロボフェス2019では、当日の競技者・競技関係者を含めた総来場数延べ4500名以上が参加しました。

選手たちが競技開始前のロボットの試走・調整を終え、開会式が始まる前に集合写真を撮影しました。司会の「WeDo」という掛け声に合わせ、選手たちは「Challenge !!」と言いながらパシャリ。競技が始まる前の緊張よりも、頑張るぞと意気込むみなさんの様子が印象的でした。

調整を終えたロボットは、審判団によるロボットチェックに向けて指定のロボット置き場に置きます。ロボット置き場の様子を見てみると…個性あふれるロボットが勢揃い!見た目がかわいらしいロボット、かっこいいロボットや、カラフルなロボットなど選手たちの努力や創意工夫を感じることができました。

ロボットチェックを終えると、いよいよ競技が始まります。選手たちは緊張した面持ちで競技に挑んでいました。メンバー同士で声を掛け合いながら挑むチームや各担当箇所を決めて挑むチームなど、課題に挑戦する姿もロボット同様に様々でした。観客のみなさんの声援が響く会場で、良いプレイのあったチームには拍手が送られました。

競技は2回行われ、優れた得点(ベストスコア)で順位をつけます。競技が終了し表彰式・閉会式での結果発表まで、選手へインタビューの時間が設けられました。
選手たちは堂々と競技に挑んだ感想やチームで取り組んだ練習時の様子の他、次年度コンテストへの意気込みなどを話されていました。

最後に表彰式が行われ、競技結果が発表されました。
プレゼンターには、ローラスインターナショナルスクールオブサイエンスにて校長をされていらっしゃる、日置 麻実様にご登壇いただきました。

競技結果は以下となります。

■「WRO Japan 2019 WeDo Challenge 関東大会」競技結果

順位 チーム名 所属
1位 栄光ロボットアカデミー横浜校A 栄光ロボットアカデミー
2位 L-ビートル
3位 ドラゴン
4位 やまがたロボットクラブ
5位 栄光ロボットアカデミー横浜校B 栄光ロボットアカデミー
6位 チームKIDSPRO キッズ・プログラミング教室KIDSPRO
7位 わくわくスマート
8位 ヴェリタスD ヴェリタスロボットスクール

みなさんお疲れ様でした!そしておめでとうございます!

WRO Japan 2019 WeDo Challenge関西大会 開催レポート

2019/10/6(日)「WRO Japan 2019 WeDo Challenge 関西大会」を追手門学院中・高等学校にて開催いたしました!

関西初開催となった本大会の会場は、今年完成したばかりの追手門学院中・高等学校の新校舎にて実施いたしました。明るく開放的な雰囲気の中、選手たちは楽しそうに競技準備やロボットの調整に取り組みます。

競技前に行われるロボットチェックに向けて、調整を終えたロボットが置かれるロボット置き場には各チームの個性が溢れるロボットが出揃います。関西大会では、スマートハブ(ロボットの頭部分)が2つあるロボットや壁に当たってもスムーズに動ける工夫を施されたロボット、色が統一されたかわいらしいロボットなど様々ありました。

関西大会は観戦席と競技エリアの距離感が近いこともあり、1チームの競技が終わるごとに拍手が起こるなど和やかな雰囲気で競技が行われました。

1回目の競技で思うような結果が出せず悔しそうなチームがいましたが、次はもっといいスコアを出すぞ!と、2回目の競技に向けて熱心に対策をしていました。また、練習の成果を発揮できたチームは「練習通りにできた。いっぱい練習した。」と嬉しそうにスタッフに話してくれました。

競技が終了した後はいよいよ表彰式・閉会式で結果発表です。
選手たちはドキドキと緊張している様子ではありましたが、選手同士で交流している場面なども垣間見ることができ、普段とは異なる環境の中で新たな発見や交流の機会を持てているようでした。

関西大会の競技結果はこちら!

■「WRO Japan 2019 WeDo Challenge 関西大会」競技結果

順位 チーム名 所属
1位 ロボアカ TSブラザーズ ロボットアカデミー桜井教室
2位 cousin(カズン)
3位 チームM 舞多聞エコ倶楽部
4位 たまらTIYA たまらっく
5位 ミロラボ チームIKUY みらい実験室360Labo (ミロラボ)
6位 EKT クレファス宝塚校
7位 ミロラボ ジャラレオ みらい実験室360Labo (ミロラボ)
8位 Kengo & Yusei

みなさんお疲れ様でした!そして、おめでとうございます

関西大会の最後には、追手門学院中・高等学校の谷川譲二教頭先生にご登壇いただきました。新校舎設立と共に取り組んでいらっしゃる教育や、プログラミング教育への想いについてお話しいただきました。

大会にご参加・ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
来年もぜひチャレンジしてください!

※1レゴ® WeDo
レゴ® WeDo は、子どもたちが楽しく簡単にプログラミングとものづくりを体験できるグローバルスタンダード教材です。
MIT(米国マサチューセッツ工科大学)の協力を受け、世界中で100人以上の教育関係者に聞き取り調査や試作品テストを行い、そのアドバイスを基に開発されました。多くの子どもが小さな頃から慣れ親しんでいるレゴ® ブロックと自由にプログラミングできるデジタル技術で、プロジェクト型学習を簡単に行うことができます。答えを自分で予測し、調べ、考えを形にし、さらに発表するといった一連のプロセスを通じて子どもたちのコミュニケーション力、コラボレーション力の育成、チームワークの形成に役立てられます。理科をテーマにしながら、科学技術・数学・工学、リテラシーのようなSTEM(Science, Technology, Engineering, Math)を含む様々な教科を横断して学習することができるユニークな教材です。ソフトウェアはiPad、Android、Windowsタブレット、PC及びMacに対応。さらにScratchとも連動します。

■関連リンク
WRO Japan 2019 WeDo Challenge公式ページ:https://www.wroj.org/2019/wedo-2019/
WeDo Challenge開催概要・リーフレット:https://afrel.co.jp/wro-wedo2019c
製品詳細「WeDo2.0」https://afrel.co.jp/product/wedo2-0-introduction

■メディア掲載情報
ICT教育ニュース 2019/7/11
アフレルとWRO、6歳から10歳向けのロボットコンテスト9月に開催
https://ict-enews.net/2019/07/11afrel-9/

ROBOT MEDIA 2019/7/11
9月8日(日) 」パシフィコ横浜ロボフェス2019内にて 6歳から10歳向けのロボットコンテスト「WRO Japan 2019 WeDo Challenge」開催!
https://robot.mirai-media.net/wro-japan-2019-wedo-challenge/

RESEMOM 2019/7/11
6歳-10歳対象のロボットコンテスト、エントリーは8/9まで
https://resemom.jp/article/2019/07/11/51449.html

EdTechZine 翔泳社
2019/7/11 6歳~10歳向けロボットコンテスト「WRO Japan 2019 WeDo Challenge」が開催
https://edtechzine.jp/article/detail/2383

EdTechMedia
アフレル、6歳から10歳向けのロボットコンテスト「WRO Japan 2019 WeDo Challenge」を9月8日にパシフィコ横浜のロボフェス2019内にて開催
https://edtech-media.com/archives/29892

ICT教育ニュース ナチュラル
2019/7/29 アフレル、6~10歳対象のロボットコンテスト関西大会を10月に開催
https://ict-enews.net/2019/07/29afrel-2/

リセマム イード
2019/7/29 6-10歳対象のロボコン、関西大会エントリーは9/11まで
https://resemom.jp/article/2019/07/29/51723.html

ICT教育ニュース ナチュラル
2019/8/30 6~10歳向けのロボコン「WeDo Challenge関西大会」大阪で説明会
https://ict-enews.net/2019/08/30afrel-5/

ICT教育ニュース
2019/9/13 アフレル、「WRO Japan2019 WeDo Challenge関東大会」の競技結果を公開
https://ict-enews.net/2019/09/13wro/

WRO Japan 2019 WeDo Challenge 開催概要

大会名 WRO Japan 2019 WeDo Challenge
日程・会場 関東大会 2019年9月8日(日)パシフィコ横浜 1F 展示ホールB ロボフェス2019
(〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1-1 [アクセス] )

関西大会 2019年10月6日(日)追手門学院中・高等学校(〒567-0013 大阪府茨木市太田東芝町1-1 [アクセス] )

主催 NPO法人 WRO Japan/株式会社アフレル
参加対象 6歳から10歳
競技カテゴリー WeDo Regular
チーム編成 2~3名+コーチ(20歳以上の大人1名)
競技内容 2~3人がチームとなり、レゴR WeDoロボットの組立て、プログラムをし、指定の課題解決に挑戦します。
ルール 競技ルール
参加申込方法 関東大会 関東大会の申し込みは締め切りました
関西大会 関西大会の申し込みは締め切りました
FAQ こちらをご覧ください [随時更新]

関東大会の競技に関するお問い合わせは、8/28(水)までを締め切りとします。
また、8/29(木)~9/9(月)にいただいた競技に関するお問い合わせは9/11(水)以降の回答となります。予めご了承ください。

株式会社アフレル

本社/カスタマーデライトセンター

〒918-8231 福井県福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30~17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-7-9 日本橋茅場町プレイス7F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館701
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。製作・著作 株式会社アフレル

© 2020 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2020 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。