2021年1月26日

  • SPIKE™ プライム
  • ソフトウェア

Pythonとブロックプログラミングの比較~モーター1つの制御~

SPIKEアプリでは、プログラミング言語「Python」によるプログラミングが可能です。
ここでは、モーター1つを制御する場合の、Scratch型のブロックプログラミングとPythonによるプログラミングを比較してご紹介します。
(Pythonによるプログラミングの基本情報はこちらをご覧ください。)

■Eポートのモーターを、スピード50%で、時計回りに1回転し、反時計回りに1回転する

Eポートのモーターを、スピード50%で、時計回りに1回転し、反時計回りに1回転する

run_for_rotations()関数には、回転方向を指定するパラメーターがありませんので、回転数で回転方向も指定します。
回転数がプラスのの場合は時計回りに、マイナスの場合は反時計回りにに回転します。(スピードの指定がプラスの場合)

■Eポートのモーターを、スピード50%で、反時計回りに回転し、1秒待って停止する

Eポートのモーターを、スピード50%で、反時計回りに回転し、1秒待って停止する

start()関数には回転方向を指定するパラメーターがありませんので、スピードで回転方向も指定します。
スピードがプラスのの場合は時計回りに、マイナスの場合は反時計回りにに回転します。
(このプログラムでは 5行目のデフォルトスピードの設定は無くても構いません。ブロックプログラミングと対応付けるために設定しています。)

■Eポートのモーターを、スピード50%で、最短距離で180度の位置まで回転させる

E・Fポートのモーターで、直進を開始し、1秒待ってから停止

その他の関数については、SPIKEアプリのナレッジベースをご参照ください。

※2021/01/26現在 最新バージョンのSPIKEアプリに基づく情報です。
※これらの仕様はアプリのアップデートによって変更される場合があります。

(2021/01/26現在)