2019年2月14日

  • DOBOT
  • DOBOT Magician

DOBOT 外部接続方法(アナログセンサーの場合)

DOBOTには、外部機器と接続するためのEIO(拡張I/O)があります。

拡張I/O説明

腕の部分に
  1)フォアアームインターフェイス
ベース本体背面部分に
  2)ベース18ピンインターフェイス
  3)ベース10ピンインターフェイス
があります。

これらのEIO(拡張I/O)に次の様なアナログスイッチと、発光ダイオードを接続します。

説明2

外部機器との接続は下記のとおりです。

外部機器との接続方法について(アナログセンサーの場合)

アナログスイッチの場合画像

アナログスイッチの場合

発光ダイオードの陽極(アノード)とEIO14を接続し、陰極(カソード)をGNDに接続します。
アナログスイッチセンサーの一方とEIO15を接続し、もう一方をGNDに接続します。

ソフトウェア側では、
  EIO14に、3.3V のOutputタイプを設定
  EIO15に、ADCのInputタイプを設定
して動作させます。

※サンプルプログラムをダウンロードしてお試しください。【dobot_3_view_and_go_Analog.zip】
アナログスイッチの場合画像2

ロボットの動きは、こちら