お知らせ

アフレルから最新のお知らせを配信
プレスリリース

オリジナル作品を大募集、「夏休みロボットアイデアコンテスト」開催!

2018/8/2

~「食べ物の問題を解決しよう」をテーマに、アイデアを形にする夏を過ごそう~

レゴ エデュケーション正規代理店、株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英、以下「アフレル」)は、8月2日(木)より小中学生を対象とした「夏休みロボットアイデアコンテスト2018」を開催いたします。

URL:https://ev-3.net/idea_contest2018/
作品募集期間:2018年8月2日(木)~2018年9月6日(木)

夏休みロボットアイデアコンテストとは?

小学校においてプログラミング教育が必修化される2020年に向け、今、子どもたちを取り巻く教育環境は大きく変わろうとしています。自ら課題を発見し、考え、形にする力は、これから社会で活躍する子どもたちにとって非常に重要で不可欠な能力です。アフレルでは、子どもたちが楽しくロボット・プログラミングに取り組みながら、問題を見出し、解決策を考え、自らの思いを形にする深い学びの実現を後押しする場として、2016年より「夏休みロボットアイデアコンテスト」を開催してきました。

本コンテストには「教育版レゴ® マインドストーム® EV3」と「レゴ® WeDo2.0」の二つの部門があり、共通のテーマに沿ってアイデアを考え、ロボット作品をつくって応募します。部門ごとの審査により選出された最優秀賞、優秀賞の受賞者には素敵なプレゼントを用意しています。また、応募した子どもたち全員に参加賞をお送りします。

三回目となる今年のテーマは「食べ物の問題を解決しよう」です。創造力豊かな子どもたちのアイデアをお待ちしています。

「夏休みロボットアイデアコンテスト2018」概要

参加賞(応募者全員)・・・ マインドストーム® ステッカー

テーマ: 食べ物の問題を解決しよう
部門: 1. レゴ® WeDo2.0 部門
2. 教育版レゴ® マインドストーム® EV3 部門
応募資格: 1. 5歳~小学6年生の方
2. 小学3年生~中学3年生の方
指定機材: 1. レゴ® WeDo2.0基本セットのみで作成(2セットまで使用可能)
2. 教育版レゴ® マインドストーム® EV3のみで作成(基本セット、拡張セット各1セットまで使用可能)
応募期間: 2018年8月2日(木)~2018年9月6日(木)
各賞: 最優秀賞(各部門1名)・・・ペンスタンドグッズ・図書カード1万円分
優秀賞(各部門2名)・・・ノートグッズ・図書カード3千円分
審査方法: 審査員による審査を行います。
結果発表: 2018年9月14日(金)
応募方法: コンテスト特設ページにて、応募方法・応募規約等の詳細をご確認の上、ご応募ください。

審査員

〇須藤 みゆき 氏 レゴ エデュケーション 日本代表
2007年レゴジャパン株式会社入社。セールス&マーケティングマネージャーを経て、2010年よりレゴ エデュケーション 日本代表に就任。レゴ® ブロックを学びのツールとして未就学児から大人まで幅広く浸透させる。教育版レゴ® マインドストーム® EV3やレゴ® WeDo2.0を、プログラミング教材のパイオニアとして国内の教育機関に展開。
趣味はテニスと息子のサッカーの応援。

〇むかない安藤(安藤昌教)氏 イッツ・コミュニケーションズ株式会社 デイリーポータルZ編集部
ウェブサイト「デイリーポータルZ」にてライター・編集・広告企画の立案を行う。前職は国立研究所にて高速炉の研究に従事。その後、氣志團バックダンサー、コーヒーショップ経営等を経て現職に。ものをむかずに食べる「むかない安藤」としての活動も6年目に突入。ものをむかずに食べる活動を通して、ひたむきに食べ物の問題に取り組む一方、アイデアあふれる楽しい企画と動画を作り続けることで社会に明るい笑いを届けている。

〇軽部 禎文 株式会社アフレル 技術センター長
株式会社永和システムマネジメントにて業務システム開発、システムコンサルタントを担当した後、教育系事業部で「ロボット」に出会い、アフレル設立に参画。現在は、子供から大人まで、いかに楽しく学んでもらえるか思案しながら、ロボットを使った中高校・大学向け教材の開発、さらにエンジニア向け研修の講師も務める。技術書籍や技術記事の執筆多数。WRO Japan審査員、研究員も務める。第9回フクオカRuby大賞部門賞・受賞。

コンテスト指定教材「教育版レゴ® マインドストーム® EV3」「レゴ® WeDo2.0」とは

2020年にプログラミング教育が小学校において必修化されるまで、あと2年を切りました。「レゴR マインドストームR EV3」や「レゴR WeDo2.0」は、急速にニーズが高まるプログラミング学習にいち早く取り組むことを可能にする製品です。
MIT(米国マサチューセッツ工科大学)の協力を受け、レゴ社が開発したグローバルスタンダード教材で、多くの子どもが幼い頃から慣れ親しんでいるレゴR ブロックと自由にプログラミングができるデジタル技術が融合したレゴ エデュケーションのキットを活用する家庭学習教材です。

■製品紹介

教材概要:組み立てやソフトウェアなどの基本的な使い方からプログラミングのやり方、学習のすすめ方などを解説したガイドをセット。さらにお子さま1人でも取り組める発展的な課題を掲載したワークブックもついて、ご家庭での学習をすぐに始められる内容になっています。
販売対象:個人、家庭学習専用 ※教育機関や法人の方への販売は致しかねます。
購入方法:オンラインショップ https://ev-3.net

【教育版レゴ® マインドストーム® EV3 for home by アフレル デビューセット】

対象年齢:10歳~
型  番:EV3FH-DEBSET
販売価格:62,500円(税込67,500円)

<セット内容>
・教育版レゴ マインドストームEV3 基本セットV2(SW付き)
・DCアダプター
・楕円コース
・サポートブック(保護者の方向け)
・セットアップガイド
・ワークブック1~4号
(※専用ソフトウェア「教育版EV3ソフトウェア」含む)

【レゴ® WeDo 2.0 for home by アフレル】

対象年齢:5歳~9歳
型  番:WEDO2-NFH
販売価格:27,500円(税込 29,700円)

<セット内容>
・レゴ® WeDo 2.0 基本セット
・レゴ® WeDo 2.0 for home by アフレル ワーク1~4号
・レゴ® WeDo 2.0 for home by アフレル サポートブック
・できたシート
・できたシール
・表彰状
(※専用ソフトウェア「WeDo2.0ソフトウェア」含む)

■期間限定のお得な特典付き!夏の応援キャンペーン実施中
コンテスト指定教材にこの期間だけの特典が付いた夏のキャンペーンを実施しています。EV3のセットには、オリジナル作品づくりにも役立つ「自由研究日めくりミッション30」や非売品のノートが、WeDo 2.0のセットには、最新のワークブック5号「うさぎさん」と野山に見立てたコースがついてきます。

URL:https://ev-3.net/2018summer_campaign/
期間:2018年8月23日(木)ご注文受付分まで

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。