テクノロジー

img_technologyTop01

製品をもっと詳しく知りたい方へ
技術研究所

ハッカソン向けEV3利用のまとめ

2014/2/7 Noboru Watanabe —- 2014/3/8 update

ハッカソンでEV3を利用する方々に向け、急ぎ情報をまとめてみました。

◆EV3を動かす方法

 EV3は、EV3インテリジェントブロック(本体)をプログラミングする方法と、PCやTablet,Server等でプログラミングしてネットワーク経由で制御する方法の2つがあります。さらにはこの2つの方法を組み合わせる方法もあります。

 EV3インテリジェントブロックをプログラミングする方法は、ブロックを並べプログラミングするグラフィカルな開発環境であるEV3ソフトウェアが標準的であり、小中学校から企業研修まで利用されています。他にも、C言語やJava,Ruby,Pythonなどのプログラミング環境も公開されています。

 ・EV3ソフトウェア :  /archives/843

 ・C言語 : /archives/7301

 ・Java : http://sourceforge.net/p/lejos/wiki/Home/

 ・mruby : https://github.com/masuidrive/mruby-mindstorms-ev3

 PCやTablet,Serverなどでプログラミングする方法は、Windows,Android,MacOSなどのプラットフォームで提供されています。iOSに関しては、SDKが公開されていないため、プログラミングはできない状況です。WindowsではC#で、Android,MacOSはJavaでプログラミングできます。DirectCommnadというEV3固有のプトロコルを使い、モーター制御やセンサ情報の取得などができます、

 ・Windows (C#) : http://legoev3.codeplex.com/

 ・Android(Java) : /archives/7120

 ・MacOS(Eclipse,Java) : /archives/7475

 上記の2つを組み合わせて制御する方法もあります。例えば、EV3インテリジェントブロックではブロックを並べるEV3ソフトウェアでプログラミングして、PCはC#でプログラミングして、Bluetooth経由で情報をやり取りする方法です。他にもC言語やRubyでEV3インテリジェントブロックをプログラミングして、Socket通信でPCやTabletと独自のプロトコルで通信を実現します。

 ・EV3Messenger : http://botbench.com/blog/2013/10/19/talking-to-your-ev3-ev3messenger/

◆EV3で音を出す。顔を変える。

 EV3ソフトウェアのサウンドエディターとイメージエディターでオリジナルと音と画像を作成できます。
 詳しくは、EV3ソフトウェアのヘルプを参照してください。

◆Wi-Fi

 無線LAN利用時は、Wi-FiドングルをUSBポートにさす必要あり
 EV3ファームウェア(Linux)のデバドラの関係から認識するものは以下のみ
 http://afrel-shop.com/shopdetail/010002000007/order/
 他のWi-Fiドングルの利用はデバドラの追加が必要
 ★ハッカソンでは先着5チームにドングル貸出し可能。担当者に連絡ください。

◆USB-Etherアダプター

 有線LAN利用時は、USB-EtherアダプターをUSBポートにさす必要あり。
 DHCP取得の際に、ネットワークによってはDHCP取得できず通信できない場合あり。
  セキュアな設定や大規模な社内LANでは、DHCP取得失敗の報告あり
  小規模社内LAN、無線LANルーターなどで構成するLANなどでは問題なし
 動作確認済みのアダプタ:
  UE-100TX-G3(PCI),EXT3-US2(IODATA),LUA3-U2-ATX(BUFFALO)
 動作NGであったアダプタ:LAN-TXU2C(ELECOM),UE-1000T-G2(PCI)
 ★ハッカソンでは先着5チームに貸出し可能:UE-100TX-G3(PCI)。担当者に連絡をください。

◆Bluetoothドングル

 EV3はBluetoothV2.1+EDRを搭載。はやりのBleutooth LEではない
 PCやスマホ/タブレットとBluetooth接続し、センサ値取得やモーター制御が可能
 PCに接続するドングルや、内蔵されるBluetoothデバイスによっては通信出来ない場合あり
  スマホやタブレットの内蔵Bluetoothの場合にはほぼ問題なく接続可能
 Surface内蔵のBluetoothは問題なく接続可能
  ASUS製ウルトラブックでは問題なく接続可能
  NetBookに関しては、内蔵では接続できないとの報告あり
  MacBookAirでは接続可能
   ペアリングの際に、EV3側の”iPhone/oPad/iPod”のチェックをON
   EV3とのBluetooth通信時には、上記をOFFにする必要あり
  Windows環境において、デバドラによっては通信できない場合あり。
   以下のように、Windowsの標準デバドラにすると利用可能となる
   /cms/wp-content/uploads/2013/08 /tech_130621_2.pdf
 以下のBluetoothドングルは、Windows,Mac OS Xともに動作確認
   /lineup/mindstorm-ev3#Bluetooth
 ★ハッカソンでは先着5チームに、動作確認済みBluetoothドングル貸出し可能

◆USB-Webカメラ

 アフレルにてUVC仕様Webカメラを利用出来るファームウェア提供中
 以下のサイトで作成方法など情報提供しています。
 /archives/7071
 UVC仕様と記載されているWebカメラは多いですが、実際に利用出来るものは限定されます。
  アフレルでは以下のカメラについて動作確認済みです。
   Logicool C270、HD Webcam C525 、BUFFALO BSW20KM10HBK、Microsoft LifeCam VX-7000
  以下のカメラはUVC対応と記載されていますが、EV3Linuxでの利用ができませんでした。
   ELECOM UCAM-C0220FBRD、BUFFALO BSW20KM13H、BUFFALO BSW20KM12H
  下記サイトにはUVC対応のカメラ情報があります。参考にしてください。
   http://www.ideasonboard.org/uvc/
 ★ハッカソンでは先着、4名にUSBカメラとドライバ導入済みEV3ファームウェアSDカード貸出し可能

◆ロボットの組み立て方

 EV3の基本的な組み立て方
  コアセットで作れるもの
  http://robotsquare.com/2013/10/01/education-ev3-45544-instruction/
  コアセット+拡張セットで作れるもの
  http://robotsquare.com/2013/10/01/lego-mindstorms-ev3-education-expansion-set-45560-instructions/
 LEGOテクニックシリーズを使った機構の作り方
  http://www.isogawastudio.co.jp/legostudio/toranomaki/jp/

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。