テクノロジー

img_technologyTop01

製品をもっと詳しく知りたい方へ
技術研究所

DOBOT 外部接続方法(PLCの場合)

DOBOTには、外部機器と接続するためのEIO(拡張I/O)があります。

拡張I/O説明

腕の部分に
 1)フォアアームインターフェイス
ベース本体背面部分に
 2)ベース18ピンインターフェイス
 3)ベース10ピンインターフェイス
があります。

これらのEIO(拡張I/O)にPLCを接続します。
外部機器との接続は下記のとおりです

外部機器との接続方法について(PLCの場合)

PLCの場合画像

PLCの場合

PLCのCOM1とEIO13を接続し、EIO13に5Vの出力を設定します。
PLCのY0とEIO15を接続し、EIO15をアナログ入力やディジタル入力に設定します。

PLC側では、
PLCの入力を監視し、イベントが発生したら、Y0に出力するプログラムを用意します。

PC側(ソフトウェア側)では、
アナログ信号を受信して、DOBOTを動かす場合には、
  EIO13に、5V のOutputタイプを設定
  EIO15に、ADCのInputタイプを設定
して動作させます。

※サンプルプログラムをダウンロードしてお試しください。【PLC.Analog.zip】
PLCの場合画像

ディジタル信号を受信して、DOBOTを動かす場合には、
  EIO13に、5V のOutputタイプを設定
  EIO15に、3.3V のInputタイプを設定
して動作させます。

※サンプルプログラムをダウンロードしてお試しください。【PLC_Digital.zip】
PLCの場合画像

外部機器との接続方法について-複数の端子を接続する場合(PLCの場合)

PLCの場合画像
PLCの場合

PLCのCOM1とEIO13を接続し、EIO13に5Vの出力を設定します。
  PLCのY0とEIO14を接続し、EIO14をディジタル入力に設定します。
  PLCのY1とEIO15を接続し、EIO15をディジタル入力に設定します。

PLC側では、
PLCの入力を監視し、イベントが発生したら、Y0や、Y1に出力するプログラムを用意します。

PC側(ソフトウェア側)では、
  EIO13に、5V のOutputタイプを設定
  EIO14に、3.3V のInputタイプを設定
  EIO15に、3.3V のInputタイプを設定
して動作させます。

※サンプルプログラムをダウンロードしてお試しください。【PLC_Digital_2way.zip】

PLCの場合画像

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付 9:30-17:30(土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

大阪事業所

〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島3-7-8 NLC新大阪17号館302
TEL.06-4805-8788 FAX.06-4805-8789 MAP

福岡サテライトオフィス

〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜2-1-22
福岡SRPセンタービル307(QUEST内)
TEL.092-577-1386 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

  • dobot logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2019 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2019 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。