テクノロジー

img_technologyTop01

製品をもっと詳しく知りたい方へ
技術研究所

パワーモーターMプログラムのコツ-誤動作を回避する

WeDo2.0のパワーモーターMを動かしたとき、プログラムで指定したパワーや向きと、一瞬違う動きをすることがあります。
これは、WeDo2.0が前回パワーモーターMを動かしたときのパワーと向きを覚えていることが原因です。
WeDo2.0のプログラムは、プログラミングブロック1つ1つの処理速度が遅いため、プログラムの中でパワーや向きを設定する前に、パワーモーターMが前回動かしたときのパワーや向きで動き出してしまうことがあります。

例えば、パワーモーターMを左回りにパワー10で動かしたあとに、下図のプログラムを実行したとします。

22121_01

 

パワーモーターMは、最初のブロック(モーター右回転ブロック)が実行された時点で回転しはじめますが、その時点ではまだ2つ目のブロック(モーター出力ブロック)のパワー「5」が設定されていませんので、パワー「10」で一瞬右回転したあと、パワー「5」で右回転するような動きになります。

下図のプログラムの場合は、パワー「5」で一瞬左回転したあと、パワー「5」で右回転するような動きになります。

22121_02

 

これを回避するには、下図のように一旦パワーを「0」に設定してから回転方向を設定し、最後にパワーを設定します。

22121_03

 

最初のブロックでパワーを「0」に設定しているため、2つ目のブロックで回転方向を設定しても、パワーモーターMが動き始めることはありません。3つ目のブロックでパワーを設定したところで、パワーモーターMは指定された方向とパワーで動き始めます。

このようにすることで、パワーモーターMが予想外の動きをすることを回避できます。

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30-17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP
  • 正規代理店

    LEGO education logo

  • PITSCO logo

  • NI logo

  • virtual robotics toolkit logo

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2017 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.
© 2017 The LEGO Group.
レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。