専門分野の理解を深める
高等教育機関(工学部系)向け教材

導入事例

商材を導入した教育機関様の声を紹介します。

日本工学院専門学校

  • 学科

    ITカレッジ

  • 先生

    兒島先生

  • 使用教材

    教育版®レゴ®マインドストームEV3

授業改革~可能性を広げるEV3~

EV3を導入したことはゴールではありません。
学びの拡大、今ないものを作る、その可能性を感じさせる教材としてEV3は非常に良い教材です。学生たちには今の環境に依存しないで、新しいものをどんどん作ってほしいです。
そのためには教員である私たちも負けずに、新しいものを作り出していかなければいけませんね。

  • 導入のきっかけ

    昨今、IT技術が非常に重要視されています。
    ソフト開発というとコンピューターの画面中でプログラミングをし、動作検証する、といった教育スタイルが世の中には多いです。
    しかし、それでは学生の興味や意欲が持続しないのでは、と考え「体験型・興味向上学習環境の整備」と名付け教育スタイルの変革を行っています。
    その方法のひとつがレゴマインドストームEV3の導入です。
    現実の世界で、作ったプログラムの結果をEV3の動作で確認できる。周りの学生どうしで、その結果を共有することでコミュニケーションを活性化できる。
    なおかつセンシング技術・モバイル技術・クラウド技術といったITの教育にマッチしているということがEV3導入の決め手です。

  • 導入のねらい

    現在のプログラミング教育のやり方は、既にあるもの(パソコン)を使用する事に依存しています。しかし、要はキーボードもタッチセンサーの集まりであると考えれば、EV3のセンサーやモーターを併せた学習が可能だと考えています。
    EV3はあくまでパーツです。組み合わせ方によってはいろんなモデルを作れますし、無線接続が可能なのでモバイル性もあります。またクラウド連携も可能です。これは、日本工学院ITカレッジが目指すIT教育にとてもマッチしています。
    日本工学院専門学校は「技術者育成」の学校です。技術者というのは、「何かをつくりだし実現できる者」であり、それは机上の学習だけではいけません。
    学生たちには、みんなで話し合って、失敗して、その経験のなかで何かを作ったという成果を体感してもらいたいと思っています。

生徒の反応

授業は教員と学生が作るものです。教員がどんなにがんばっても学生が参加していなければ意味はありません。
私たち教員は毎回授業内容を一生懸命考えて授業に臨みます。
その中で学生たちの集中を切らさないためにネタを仕込んだりもするわけですが、授業中、学生が自分達で意見交換をしている姿や、 工夫して授業に取り組んでいる姿を見たとき、成長を感じることができます。
プログラムをこちらの意図と違う方法で作ったり、組立図と違ったロボットを作ったりして、「こんな作り方もあるよね」とみんなで話す光景は、EV3を使うことで自然に増えていきました。

東北電子専門学校

  • 学科

    組込みソフトエンジニア科

  • 先生

    坂藤先生

  • 使用教材

    教育版®レゴ®マインドストームEV3

組込み教育で東北を盛り上げる

教育版®レゴ®マインドストームを使い始めてから、
各高校とのつながりを創ることができましたね。

  • 導入のきっかけ

    文部科学省委託事業「東日本大震災からの復興を担う専門人材育成支援事業」として県内の工業高校で講習会を行っています。
    若い世代に「組み込み」というものに興味を持ってほしいと思い、この活動が始まりました。今年で5年目になり、県内延べ1500人もの高校生が私の授業を受けたことになります。
    現在「組み込み人口の減少」が問題視されていますが、実際私に何ができるかと考えたとき、この活動を始めようと思い立ちました。

  • 活動内容

    東北の高校である、聖光学院高等学校 情報電子科1年生の生徒、約30名に対し、レゴ®マインドストーム®EV3を使ったプログラミングを教えています。ライントレースを行うといった課題です。
    聖光学院高等学校さんは、先生方が非常に熱心にEV3を使ったプログラミング授業を行ってくれています。昨年、こちらでプログラミングの基礎講座を1回開催しました。
    その後、聖光学院高校さんから「アフレルスプリングカップに出たいから教えてほしい」と言っていただき、東北電子専門学校まで来て下さった事もありました。レゴ®マインドストーム®を使い始めてから、このように各学校とのつながりを創ることができました。

    実際に高校の現場の先生方と直接お話しすることも増え、専門学校がどういったものかを正しく理解していただけるようになり、非常に嬉しいですね。この活動をやっていてよかったと思います。
    また、マインドストームは県内の高校だけでなく県を超えた繋がり、学年や年齢の枠を越え、上と下の世代を繋げる役割を持っています。

生徒の反応

そもそも、組み込みや難しい言語の話をしても、生徒たちは全然興味を持ってくれないんです。女の子は特に。しかし、EV3だと生徒の反応が全然違いますね。やっぱり、目の前でロボットが自分のプログラム通りに動くと、みんな興奮していますし、喜んでくれます。
今後は、宮城県内でロボコンを開催したいと思っています。
通常ロボコンと聞くと敷居が高く感じられますが、レゴのロボコンと聞くと敷居が下がり、参加しやすくなります。今後もっともっと組み込み人口を増やしていきたいです。

四国職業能力開発大学校

  • 学科

    電子情報技術科

  • 先生

    鳥谷部先生

  • 使用教材

    教育版®レゴ®マインドストームEV3

企業人と競い交流し、世界に通用する人材を育てる。

テクニカルスキルだけではなく、ヒューマンスキルも身に付け、
世界に通用する人材になってほしいですね。

  • 導入のねらい

    全国にある職業能力開発大学校の電子情報技術科は、エレクトロニクスを基礎としたハードウェアおよびソフトウェアに精通した実践技術者を育成することを目的としています。
    この中で、「組込みシステム分野」の教育目標は正にETロボコンの主旨と合致しています。
    そこで、私達は組込みシステム分野のソフトウェア設計開発用の教材としてETロボコンの課題を取り入れ、
    学生が積極的に参加できる「アクティブラーニング」の教育方法で、最終的には大会へ出場するという流れを作っています。

  • 活動内容

    四国ポリテクカレッジでは大会に出場するメンバーを学生達が決め、授業中、放課後を使いながら取り組みます。前年度にETロボコンに出場した先輩からアドバイスを貰ったりして、他学年との交流も行っています。
    2年前よりETロボコンそのものを実習に取り込むようになりました。レプリカコースを使用し、プライマリーコース完走のタイムを競うミニ競技大会を行っています。
    私たちが指導する内容は、リアルタイムOS、フィードバック制御、PID制御。そしてGNU環境でのC言語プログラミング・コンパイル手順・カーネル再構築手順、実装の技術的背景の理解です。
    更に、モデリングツールの操作方法とクラス図を主体に、本校ではストップウォッチのモデル作成を課題とし、実習を行っています。
    実際には、大会で配られているサンプルプログラムを使用し、その値を変更することになりますので、操作については難しくはないと思っています。
    大事にしていることは、値を変更する時に、「何でその値を変えたのか」「結果としてロボットの挙動はどうなったか」「対策としてどうすればいいかを予測する」という点をレポートにすることです。
    また、後輩指導として、その年にETロボコンに出場したチームが教材を作成し、授業で実際に指導を行います。この経験から、リーダシップ能力や指導能力、ドキュメント作成力などの育成を図っています。

生徒の反応

ETロボコンのチャンピオンシップに出場して感じたことは、出場チーム、特に企業チームのチームワーク力が非常に高いということです。
壇上でインタビューを受けているチームを見ていると、チームワークが優れているところほど、走行体のパフォーマンス、モデル、プレゼンテーション全てにおいて高い評価を得ていたように感じました。
そのような企業人と同じ土俵で競い合うことができることもETロボコンの魅力であり、人材育成として大会出場を行っている大きな理由の一つです。
本校の催し物で、ETロボコンチームのメンバーを中心に、地域の方(主に小学生)にETロボコンを体験してもらっています。これを通して子供たちにロボットや組み込み技術に興味を持ってもらうことが、私たちの目標の一つです。

ご利用目的別の教材

高等教育機関向け教材

高校向け教材

中学校向け教材

小学校向け教材

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309 info@afrel.co.jp
カスタマーセンター電話受付  9:30〜17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 info@afrel.co.jp MAP

正規代理店

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2016 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.
© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.

© 2016 The LEGO Group.

レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。