アクティビティ

「つくる」「動かす」「学ぶ」
体験が未来につながる。

ETロボコン

将来、世界をリードするエンジニアの育成を目指した、組み込み技術を競う若手エンジニア向けのロボットコンテスト。

ETロボコン(正式名称ETソフトウェアデザインロボットコンテスト)日本の産業競争力に欠くことのできない
極めて重要な「組込みシステム」分野における技術教育、人材育成をテーマにしたロボコンです。
2002 年にUMLロボットコンテストとして始まり、2005年よりETロボコンと名称を変え、各企業団体との連携協力により開催されています。

開催概要

対象

高校生以上

エンジニア及び大学生、高専生、専門学生が主な対象です

チーム編成

2人以上のチーム参加を推奨

1名でも可ですが競技部門での負担が大きく途中棄権が多い過去事例からも推奨しません

開催の流れ
競技内容

2部門3クラス

参加チームはいずれかのクラスに参加となります。

デベロッパー部門

レゴ®マインドストーム®を用いた同一の走行体で指定されたコース・課題を早く正確に走行する競技を行う、ソフトウェアの開発力を競う部門

  • プライマリークラス基礎

    競技・コースの難易度が低い、初学者向けクラス。

    技術の基礎を学びチャレンジする機会を提供します。

  • アドバンストクラス応用

    競技・コースの難易度が高い、プライマリークラスの経験者および応用学習者向けのクラス。

    技術を応用するスキルを磨く機会を提供します。

イノベーター部門
  • 自由に製品・サービスを企画し、レゴ®マインドストーム®を用いて会場で発表する、企画力・技術力・プレゼンテーション力を競う部門企画

大会の特長

参加者の声

ETロボコンの活動が高く評価され、就職にもつながる

京都府立京都高等技術専門校 後藤先生

  • ETロボコンは仕事の要素、実務を想定した課題のひとつ

    システム設計科の訓練生は1年次で初めてプログラミングを学び2年次は全員がETロボコンの実際のコースを使用して課題に取り組みます。いろんな教材を使っていますが、マインドストームの時は訓練生の食いつきが違いますね。
    放っておいても勉強します。職業訓練校なので、仕事体験的な要素がある課題にしておりETロボコンもの一つです。
    納期(試走会、モデル提出、大会など)が決まっていますので、進捗管理ができる良い機会となっています。

  • 他校の学生や企業エンジニアとの出会いが将来の財産に

    ETロボコンは他校の学生や企業のエンジニアの方々と出会うチャンスです。学生たちは試走会や懇親会、勉強会で他のチームと積極的に交流をしていました。きっとこの経験が将来の財産となると思います。
    さらにチームで力を合わせて一つのものを作り出すことも良い経験になっています。
    訓練生が就職面接を受ける際も、ETロコンの活動を高く評価してくれ、就職にもつながっています。

お問い合わせ

CONTACT

株式会社アフレル

本社/カスタマーセンター

〒918-8231 福井市問屋町3-111
TEL.0776-25-0303 FAX.0776-25-0309
カスタマーセンター電話受付  9:30〜17:30 (土日・祝日・年末年始を除く) MAP

東京支社

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町2-8 新小伝馬町ビル5F
TEL.03-6661-9251 FAX.03-3249-3741 MAP

正規代理店

資料内容の無断転載、複製を禁じます。
製作・著作 株式会社アフレル

Copyright 2016 Afrel Co.,Ltd. All Rights Reserved.
© LEGO, the LEGO logo, MINDSTORMS and the MINDSTROMS logo are trademarks of the LEGO Group.

© 2016 The LEGO Group.

レゴ、レゴのロゴマーク、レゴ マインドストームは、 レゴグループの登録商標です。